« 春の陽射し | トップページ | Green Land Park Walking »

2009/04/22

千里の道も散歩道

200904121600000実はしんさんは、4月1日から大阪で仕事をする生活に変わりました。俗にいう「単身赴任」という生活です。会社から転勤の辞令をもらい、21年ぶりの一人暮らしです。大阪に第二の居を構えたら、この散歩道ブログに何を書こうかとあれこれ考えているうちに、仕事の変化、引き継ぎなどで時間の流れを忘れてしまい、このままだと4月は何もつぶやきを発せず、このブログは終わってしまうという誤解を招きかねないので、今宵は遂に筆をとる(キーをたたく)ことにしました。

とはいうものの、思考回路はまったく定まっていないので、今回はつぶやきらしく、今のできごと、感じていることを「箇条書き」という会社で使う咄嗟の作文戦略で語ることにします。はっきり言って支離滅裂の言葉を発しますがご容赦ください。

○4月からの第二の生活拠点は大阪府豊中市の服部緑地公園という東京ドーム33個分の大きな公園東側約300mあたりにある住宅街のマンション(昭和52年築)に住んでます。会社の近隣で静かな街を探していて、「緑地公園」界隈は、私の直感での指定地域です。因みに会社は、隣駅の「江坂」にあり、その駅から一直線で徒歩12分、なかなか健康的な通勤経路です。

○晴耕雨読が沁みついたしんさんは、早速ベランダにプランタを設置して、ミニ菜園を作りました。現在栽培しているのは、トマト・キュウリ・小松菜・水菜・葉ねぎの5種です。そして部屋の中にはミニ観葉植物が4鉢です。

○通勤の電車の中で本を読むのが習慣になってサtいたので、今回の通勤1駅3分では、5ページと読めないので読書タイムが確保できていません。ここは作戦で、たまにはあえて電車を乗り過ごし、北大阪急行終点の「千里中央」駅まで行って、折り返し帰ってくることで読書の時間を捻出するのもどうかなと考えていたりします。

○自宅までは難波駅から近鉄電車で帰れる経路で、往復6000円強の電車賃なので、1回飲み会に言ったと思えば帰れる、ある程度エコニミーな距離感です。帰れる週末は、近鉄特急「ビスタカー」で帰ります。本拠地の菜園も、ほったらかしにして雑草ボウボウにしていると、まわりのおじ(い)さんたちにご指導をいただいてしまいますので・・・

○今のところ、会社関係の飲み会でない限り、夕食はまっすくマンションに帰り自炊をしています。朝食も意外や欠かさず自炊しています。大学の下宿時代、会社に入った頃の大阪心斎橋での独身時代は、毎晩外食でしたが、いまやこの年になると夜はひとりで静かにチビチビ飲んで食べたい気持ちが先行し、あれこれ作っています。電子レンジは便利ですね。ごはんやいろんなものを冷凍保存し、それをチンしてそれなりにおいしくいただいています。

○全自動洗濯機でのお洗たく、Yシャツのアイロンがけはだいぶ慣れました。

○お風呂は給湯のみで追い炊きができないので、一晩入ればそれでそのまま排水。実にお水がもったいない感じです。

○「服部緑地公園」は、想像していたとおり都会の中で広大な緑と自然に囲まれた公園で、ひとりで散歩するのでも心が十分休まるいい所です。今回の添付写真は、この緑地公園にある山あいの歩道で、竹藪にかこまれた大変静かな散歩道です。いろんな想像ができそうな空間でお気に入りです。

○マンションでのひとりの時間は、じっくり本を読めたり落ち着きもしますが、ここ20年7人家族でひとつ屋根の下で過ごしたしんさんとしては、やっぱり静かすぎてちょっと×××かったりします。明るく賑やかな生活がいいですね。

とまあ、大阪での第一信はこんなところです。箇条書きでのつぶやきでしたら、まだまだいろいろ書けそうな気がしてきました。次もこの手を使って、いろいろつぶやいてみようかな・・・・・・

|
|

« 春の陽射し | トップページ | Green Land Park Walking »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81882/44740264

この記事へのトラックバック一覧です: 千里の道も散歩道:

« 春の陽射し | トップページ | Green Land Park Walking »