« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年11月

2008/11/24

España!

Spain_village今年最後の3連休。我が家の子供達は高校生に中学生2人、そして受験生もいてと、今やなかなか家族揃ってお出かけすることがない状況ですが、この連休は久しぶりにみんな揃って出かけることができました。行き先は、パルケ・エスパーニャ!志摩スペイン村です。会社がスポンサードをしている関係で割引券が手に入ったのがきっかけで、せっかくなので、旅行気分に浸ろうと電車でいくことにしました。そう、最近竹下景子さんのCM「まわりゃんせ」の近鉄特急で。

スペイン村は、10年以上前(開園当初)に仕事で行って以来です。あの時は、フラメンコのダンサーがいたり、ドンキホーテのキャラクタのフェイスペイントをしてもらったりと、仕事中とはいえ南国情緒に浸れてなかなな楽しかったのですが、今回久しぶりに園内に入った雰囲気は昔とほとんど変わらず、やっぱりエスパ~ニャでした。

最初に、スペイン村一番人気のアトラクションと言われている「アドベンチャー ラグーン」に行ってみました。海賊船から、湖に船で繰り出し、洞窟の中へ・・・。真っ暗の水路に数々のキャラクターと仕掛けが動いて、、、うっ・・・昔どこかでこんなような記憶が???、そう、ディズニーランドのアトラクション「カリブの海賊」と同じ感じです。その後に行った「不思議の国のアリス」も、最初の仕掛けがDLの「ホーンテッドマンション」にちょっと似ている。テーマパークだと、つい先発ガリバーのディズニーランドに倣ってしまうんでしょうね。

我が家は、一番下の娘が怖がりですが、あとの4人は怖いものOKのジェットコースターが好きな人種です。この園内にも二つジェットコースターがあり、私もジェットコースターは5年ぶりくらい久しぶりですが乗ってみました。
吊り下げ式で相当長い「ピレネー」というジェットコースターは、宙返りの回転が2連続、そして右に左に、上に下にと急旋回の連続で、かなりエキサイティング!英虞湾の広く穏やかな海の景色間近に見ながら急降下、結局ジェットコースターに息子は計5回、私も4回乗るというかなりのハマリ様でした。

ディズニーランドやスパーランドと違い、ここは周りが海と山に囲まれ人工的なものが何もない静かなところなので、夕方、日が暮れて園内の人気が引いてくると、一日が終っていくのをはっきり感じます。

まわりの家族客よりちょっと年齢層が高い5人組でしたが、なんだかんだ言いながらも、家族みんなで1日楽しむことができ、来れて本当に良かったです。

日常の一切の喧騒から身を引いて、ひとつの空間に家族全員で浸りきった1日でした。
たまにはしっかり ’まわりゃんせ♫’ ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/11/09

秋桜

Cosmos「天高く、馬肥ゆる秋」 「食欲の秋」 「読書の秋」など、「秋」はいろいろな言葉とくっついて表現されますが、どれも前向き、積極的なイメージが濃い様に思います。四季の移り変わりでこれから、だんだん寒い冬に向かっていく季節なので、前向きな形容詞は「春」の方が似合うように思うのですが、春にはこういう言葉はあまり見かけませんね。

近所のコスモス畑がたいへん綺麗だったので、ちょっと写真をパチリ!まさに、秋を感じさせてくれる落ち着きのある花姿です。

昨日、嫁さんと一緒に息子の通う高校の進路説明会なるものに行ってきました。まだ、2年生の秋なのに、もうお受験対策なのです。おおきな教室に父兄が約130人、私の様に父親が来ている人は2割くらいで、どの父兄の方もかなり真剣な眼差しでした。

自分の受験といえば、もう30年も前のことになるのですが、さすがにあの頃は2年生の時からこのような準備をはじめていませんでした。今の子達のほうが、やっぱり勉強も忙しいのですね。大手のK塾の方が来て、受験動向を説明してくれたのですが、少子化が想像以上に進んでいるのが実感しました。学生の受験で目指す学校が集約されてきており、全国に560校ある私立大学のうち200校以上が受験の時点で定員割になっているとのことで、学校経営も大変な状況に陥っているのを感じました。有名30校程で受験生の7割くらいを集めてしまうとか言ってました。

私の頃は、浪人するのも結構’フツー’の様な時代でしたが、今は全受験生の内浪人生は10%ぐらいしかいない様です。もともと受験はたいへんな行事なのですが、今の時代の受験の方がなお余裕の無い空気になっている様にも思います。Nababa

息子も、今は元気に学校へ、塾へと通ってくれているので、このまま目標をしっかり持って進んでくれればそれでいいと思います。

高校の校内を歩いていると、昔の金沢にいた頃の高校時代を思い出します。大学とは違う、思い、迷い、苦悩(ちょっと大袈裟?)、不安など、いろいろ成熟していない気持ちで毎日を過ごした3年間でした。子供達にとっても、今こそ青春時代なのですね。しっかり、いろいろ考えて過ごして欲しいです。

畑の「なばな」がいよいよ大きく’繁り’はじめました。収穫第一弾も真近です。今年も、冬は鍋や湯豆腐になばなは活躍してくれそうです。秋は日に日に深まり、なばなの里のイルミネーションもいよいよ始まった様です。
「読書の秋」 私にとっては今年はこれで充実できたら・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »