« 雪 | トップページ | 夜回り先生 »

2008/02/09

そして、我が家も雪

いとしき思い出の彼方から遠い未来の果てまで、君という時代がゆっくりずっと流れてて、僕はただそれを唄うだけ・・ ♪(by.Kobu)

Yukigesikiとうとう、我が家のまわりもまとまった雪が今朝から降ってきました、子供はずいぶん大きくなりましたが、やっぱり庭を駆け回っています。暖冬、異常気象?でこの冬はまずまとまった雪にお目にかかれないだろう思ってましたが、やっぱり年に一度はこのまぶしい銀世界を拝みたいですね。

先日の札幌出張で久しぶりの雪を拝んだのですから、この冬は2回拝めたことになります。Yukidaruma明日、この雪が残っていたら、朝明渓谷の山間に雪景色を見に行く(ソリ滑りにいく)、雪が解けて消えてしまったら、相変わらず畑にナバナの収穫と春に植える野菜種/苗のための土を耕しにいくことになるでしょう。

最近、はやりに乗ってというわけではないですが、論語や、孟子とかの儒教の本を読んでます。「子曰く、・・・」というあれです。中学か高校の「漢文」習いましたよね。さすがに原文を読んでも私の脳では想像力と理解力が働かないので、著名な作家による解説書を読みふけっています。

この年になって読んでみると、それなりにいろいろ感じることがあります。でも、読みながらつくづく不思議に感じることがあります。宗教上の神様ではなく、実在した中国の人物<孔子>が語った思想、道徳、規律の書物なのですが、この孔子という方、紀元前600年頃の方なのです。そんなはるか昔の方が実際語った言葉が、今、あらためてビジネスマンや教育分野で注目を集めているという事実。

紀元前の日本といえば、縄文時代?石器?どんな服を着ていたの?・・というイニシエの時代の言葉が現代人の心に響くということが信じられないことです。文化、文明、科学が時代とともに変化を遂げ、人間の置かれた環境が昔とは全く様変わりしてしまっているというのに、心のよりどころとする思想が昔から何も変わらないなんて・・・。すごく不思議な気持ちに駆られるのは私だけなのでしょうか?

今日は、なんとなく我が頭の中の思考状態を語ってしまいました。でもそろそろ限界・・’思考停止! パニッパニ、パニッパニ、パニパニパニック !’

|
|

« 雪 | トップページ | 夜回り先生 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81882/40056904

この記事へのトラックバック一覧です: そして、我が家も雪:

« 雪 | トップページ | 夜回り先生 »