« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008/01/23

20080123202347今年最初の雪・・・といっても東海地方は暖冬なのか、この冬は一度もお目にかかっていません。今日は仕事で札幌へ来て、ご覧のとおり道路沿いは背の高さより遥かに高く雪が積まれています。

北陸に住んでいた子供の頃は、この時期雪景色があたりまえでしたが、今はこの北海道以外はどこの平野部も雪景色が減っているみたいです。時代の移り変わりだけでなく、自然環境の移り変わり、変化?を感じます。

でも、札幌の雪、やっぱり本州にないパウダースノー。握り締めてもぜんぜん固まらずふわふわしてました。(子供は雪合戦ができませんが)

なんて雪の感触を語っていたら、今ホテルのテレビの天気予報で「明日は大雪、強い吹雪で荒れた天気になるでしょう・・」と言ってます。気を引き締めて、また明日・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008/01/01

迎春

20080101gantan穏やかな元旦の朝、昨晩の天気予報では、朝は曇り、昼からみぞれ・・・これじゃ初日の出が拝めないかな?と思ってましたが、明け方の南の地平線を眺めると、雲がかなり切れている、空が明るい、けっこういけるぞと思い、長男と次女と一緒に今年も木曽川河口(スパーランドの隣)へ出かけました。日の出時間7時1分、真っ赤な太陽が水平線からはっきりと姿を現し、荘厳な御来光を拝むことができました。

「一年の計は元旦にあり」 今年も「明るく、健康な1年でありますように」とお祈りさせていただきました。

今年は子年、ねずみと言えば、「ねずみ算」というくらい繁殖力旺盛な動物。かわいいハムスターはペットとして扱われ、ハツカネズミやモルモットといえば実験用に、イエネズミは家の屋根裏をゴソゴソを這いつきまわり(今の家ではそういうのは少ないかな)と、ネズミはいろいろと人間と関わり深い動物ですね。

最近の少子高齢化に向かっている人間と違って、どんどん子供を産んで増えていくところに強い生命力、活力を感じます。この元気さは見習ったほうがいいですね。

このブログも今年で4年目になります。今年も気持ちを新たに、想像とつぶやきを重ねてまいりますので、みなさまよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »