« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/30

The God Farmer!- 初夏-

Syukaku0630じゃがいもを掘らなくっちゃ!・・・と思いながら約2週間、先週末は雨で作業できず、梅雨のぐずついた天気が続くなか、今朝は見事に晴れ上がりました。蒸し暑い天気でしたが、この機を逃さずにと農園へ繰り出し、スコップを振り回しました。15株あるので、今回は相当な数が獲れる(200個くらい?)と期待して掘り出しましたが、以外と数は出ませんでした。100個程度です。

 今回は土もかなり丹念に作りこみ、茎葉の成長も順調だったのですが、芋を大きくしようと間引きをしっかりしたので、数が少なかったのでしょうか?しかし、掘り出した芋たちの土を払い並べていると、「ヨシヨシ、まずまずの出来だな!」と思わずニンマリ。収穫できた時の達成感はなんとも気持ちいいです。

 初夏の気候なので、他の作物も成長のスピードを緩めず、今日はいろいろと収穫できました。トマトもいよいよ今日から収穫開始で、あとは、ナスにキュウリ、シシトウとなかなか歯ごたえのある作物達を収穫させてもらいました。キュウリのあまりにイビツな姿は想定内。トマトが赤い色がついて熟れ出してきているので、これからが楽しみです。

Ajisai0630先週末は研修と雨で農園に来れなかったため、畝の上も通路も畑全体が雑草でボーボーの酷い状態です。収穫できるのは有難いのですが、あまりに見るに耐えない姿なので、明日は雑草刈りをしようと思います。実はこの作業が一番の重労働です。

夕刻、家族でなばなの里に食事に出かけました。ホタルは数日前に終ったとのことで見逃してしまいましたが、花広場全面に咲いたあじさいがたいへん綺麗でした。花いっぱいに囲まれたところに身をおくと、すごく心が和みますね。私のおすすめのスポットです。
今年もいよいよ夏本番!・・ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/21

ハイサイ!

Photo_2先日仕事で沖縄に行ってきました。沖縄というと今までのイメージでは、はんぱでなく海外の如く遠い島、米軍基地がある異国情緒の街、サンゴ礁のある青い海という妄想をしていました。いざその地に入ってみると、確かにそのイメージはあってるんですが、やはり同じ血のかよった日本人の街なのだなと感じました。百聞は一見にしかず!この目と耳、鼻、口で体感して街並みの風情を感じることができました。

噂に聞いていた「ソーキソバ」、豚のバラ肉が濃厚な味付、そば粉のないうどんのような麺、実に独特な味で私の舌にはマッチしました。その街の昔ながらの文化を感じるのが旅の醍醐味ですよね。ただ、新都心ということで雨久地区にモダンなビル、マンションが林立していくのを見ると、都市の画一化に飲み込まれていくようで残念な気がしました。「ハイサイ」→こんにちは、「メンソーレ」→いらっしゃい。いい響きの言葉ですね。
因みにせっかく沖縄にきたので、カリユシウェアーを買って帰りました。

昨日、会社でデザイン講演会に出席させてもらい、著名デザイナーの感性と信念を拝聴させていただきました。感受性を日々の体験で養わなければいけない、言葉は大切にして感覚を伝えなくてはいけないというのが私なりに感じました。そんな日々の努力で日々お付き合いする人とコミュニケーションを深めていくのがビジネスのプロセスですごく大切なことではないかと思います。

因みに、そのデザイナーの方、名古屋名物の手羽先をすごくおいしそうに食されて帰京されました。地元民としてはやっぱり嬉しいです。貴重なご講演、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/10

'Music Festival 2007' を聴く

20070610_017今日は、次女A子のピアノ演奏発表会で、名古屋のナディアパークに行ってきました。

90人の子供達が3部に別れて順番に弾いていくのですが、うちのA子は第二部の22番目、坂本龍一の「Energy Flow」を演奏しました。ミスも殆どなく情感に乗って演奏でき、なかなか上出来だったと思います。久しぶりに聞くピアノの音色は、心を落ち着かせて安らぎを与えてくれる様でたいへん良かったです。昔、子供のころ、男でもピアノを弾ける人を見るとあこがれてしまい、いつか自分もあんな風になってみたいなと思いました。

今となっては流石にその気力は残っていませんが、やはり心の落ち着くいい音楽はいつも身近に聴いていたいと思います。

20070610_035松任谷由美の「春よ来い!」を力強く弾いていた少年がいて、なかなか聞かせてもらえるうまさでした。こういう音楽、演奏ができる少年少女がこれからもたくさん育ってくるといいですね。因みに私も小学校の頃は、金沢城南合唱団というところでボーイソプラノで、クラシックな曲を唱っていたことがあり、あの当時、発表会のホールの舞台に立った時の独特な緊張感を今日の娘の姿と重ね合わせながら思い出しました。

カラオケぐらいは勢いで歌えても、落ち着きのある楽曲を演奏したり、唄ったりするのは今や無理な感がありますが、昨年秋に久しぶりに買ったフォークギター「モーリス F12」は手元にあるので、これを爪弾きながら、井上陽水の曲でも秘かに歌って気分に浸ることにします。
「チャラ、チャッ、チャッ、チャラ・チャー・・・・♪」 あー、これでは 'ムーディしんさん' ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/03

紺碧の空、神宮の星!

Baseball_a02久しぶりにテレビで6大学野球早慶戦を見ました。母校の優勝をかけての一戦、斎藤佑投手の先発登場!球場も大学野球では久しぶりの超満員とのことで、ハンカチ王子の人気はホント凄いですね。(私がテレビをつけたのも、早稲田の優勝見たさというより、斎藤投手の雄姿をみたかったから・だったりして・・・)

6回まで力投でリードを守ったのが、デッドボール2つで交代、その後を受けたエース須田がしっかりリードを守りきり見事優勝!胴上げ投手をエースに譲りながら勝利投手に。このあたりの流れもちゃんと絵になる様になっており、もって生まれた星なのでしょうか。

試合が終ったあと球場に響き渡る「都の西北」、懐かしいです。25年前、私も球場に通い右手のコブシを振り上げながら歌いました。勝利の興奮と母校の連帯感が万感にこみ上げてきます。最後のエール交換では、早稲田側が「フレー!フレー!慶応!!」でお互いの健闘を称えあうのも感動的でした。母校の大先輩、私達、そして今の学生達、神宮でのこの感動は世代を超えても変わらずに受け継がれていくのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »