« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/31

準備完了!2007年春・夏栽培計画

20070331今日、4時間以上かけて4列の畝に肥料を入れ、1ヶ月前の掘り返しからスタートした土作りがやっと完了しました。石灰を入れ、堆肥を鋤きこみ、できるだけ深く細かく耕した上で今日、鶏糞の元肥を入れ、この土で今年1年の豊作がを占うことになりました。さすがに4時間連続で鍬とスコップを振り回したせいで、今は腰がパンパンです。


Saien03311週間土を寝かせ、来週の週末からいよいよ種や苗の植込み開始です。この春・夏の栽培計画を貼付します。(一覧表の部分をクリックすると4本の畝への植込計画表が大きく拡大され、栽培内容が確認いただけます。)

いつもの品々をしっかり順番に植え込んでいきますが、去年、とうもろこしがチャンと実を成ることができず、またトマトも数が思ったほど採れなかったので、このあたりをしっかり結実させ収穫を得たいと思っています。

 それから、いつも通年で狙っている葉物類は、サラダに使える軟らかい品種を中心に連続でしっかり収穫していきたいと思います。(秋口からはもちろん’なばな’を投入します。)そして、大物の収穫の先頭バッターは6月頃のじゃがいもの予定です。

 春の陽気が強まり、土の感触がいっそう気持ちよくなっていくこの頃です。僅か10坪の市民農園ですが、これからも週末はこの畑と戯れながら、もの思いに耽っていくことが続きそうです。
Thanks for Daichi!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/03/17

’なばな’ また来年・・・

Nabana3_1今日、なばなの株24本を全て切り倒しました。菜園の春支度で、土をここ1ヶ月で全部耕さなくてはいけないので、今春最後の収穫物のなばなといよいよお別れでした。なばなの花は鮮やかでたいへんきれいです。菜の花とほとんで見た感じが一緒です。(もとが同じ種族だから当然なのかもしれませんが・・・) 風に揺らいだ花茎の姿が春の到来をしっかり告げてくれています。


Nabana_1葉物では、この冬はコマツナ、ミズナ、ほうれん草、そしてなばなと作り、これらは鍋物で食することが多かったのですが、やはり’なばな’が一番ですね。茹でた時の鮮やかな緑の発色と、適度にコシのある葉茎の味覚が水炊きや湯豆腐にたいへんマッチし、時には’なばな’だけでも’しゃぶしゃぶ’にしていただきました。もちろんこれだけで十分酒の肴になります。(因みに味付けはポン酢です)


Tagayashiなばなの株を倒したあとは、スコップと鍬を振り回し、土を掘り起こしています。石灰を蒔いたり堆肥を入れたりと、この土作りがどれだけしっかりできるかが、これから1年の収穫に大きく影響します。先日じゃがいもを植えましたが、今後、やわらかい土が出来上がったら、「なす」・「きゅうり」・「トマト」・「ゴーヤ」・「とうもろこし」等、夏物をじっくりと植えつけて、天の恵みを待つことになります。

春・夏・秋・冬、今年もしんさんは農業に励みます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/03/11

風・林・火・山

20070303_006先週末は、会社の方々とのゴルフでした。たまにコースに出るとき、いつも事前練習が十分でない為、ぶっつけ本番のハラハラ気分で最初のティーに立つことになってしまいます。第一打は、当たりはままずまずながら、発射方向が大間違いでO・Bスタート。これはプレイング4になり、第二打(4打め)はグリーン手前120ヤードからとなりました。最初は、こういう形で前に進める方が内心ホッとしたりしています。

今回のコンペの雰囲気を大河ドラマ風に言うと、「一緒に廻った号砲K・Kさんのナイスショットの弾道の疾(はや)きこと風の如く、始球式でK・Sさんが打つ後ろで眺める全ギャラリー(社員)が徐(しず)かなること林の如く、 優勝したセミプロの様なS・Sさんに豪華賞品を掠(かす)めとられること火の如く、膨大に積み上がっていく私のスコアの数は山の如し」といったところでしょうか?

それにしても、ゴルフはいろんなことを気づかされ、考えさせられます。たとえば、

1.コースに出る前に練習で打ち込んだ球が多ければ多いほど、いいショット、いいスコアが出る。
 →日々の基礎練習と事前準備が大切ですね。

2.考え込むと、体がスムーズに動かない、いいショットが絶対出ない。
 →自然体で臨むことが大切ですね。

3.自信を持って臨む(める)ところは、いいショットといい成果が出る。(私の場合唯一、40ヤード以内のアプローチ)
 →自信を持つことが大切ですね。

4.大空と雄大な木々・水に囲まれ、すがすがしい空気のもとで1日芝の上を歩いていると心身とも大いにリフレッシュされる。
 →気持ちのコントロールできる場作りが大切ですね。

5.一緒にまわるメンバー、キャディさんとの会話の盛り上がり次第で、1日の楽しい時間があっという間に流れていく。
 →コミュニケーションが大切ですね。         等々・・

センスや練習量の差でかなり腕前の違う面々が集うゴルフコンペですが、いずれの参加者も広大な大自然のもとでは、小さな存在ですよね。爽やかな空気を思いっきり吸って、いろんな人があっちこっちへ走り回り、意味不明な能書きをたれながら1日戯れているのが楽しく、滑稽で、それが何ともいいんですね。

今年のゴルフの目標値!(KPI)は、「ともかくバーディーを1回獲る!」にしておきます。私にとって難易度トリプルAです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »