« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/25

なばなの・小・里

Nabana菜園の収穫にいよいよ「なばな」が登場です。そう、あの「なばなの里」のなばなで、この町で全国の生産量の約半分を誇る特産品です。10月のはじめに知り合いの農家の方からわけてもらった苗がかなり成長し、いよいよ本格的に収穫ができる大きさの株になりました。

農家の方の話では、今年は暖冬で野菜が採れすぎてしまい、市場での値段が大幅に下落して悩んでいるそうです。もともとなばなは、寒い冬場に取れる緑黄色野菜が少ない中、菜の花の品種改良により冬場でも腋芽がニョキニョキ生え、ひとつの株で春先にトウが立つまで葉茎が連続して収穫できるのが特長の野菜です。(因みに菜の花は花のつぼみを食べる野菜です。)そのなばなもこの暖冬の野菜の採れすぎ(はくさい、キャベツ、レタス等)に影響を受け、大幅に値が下がっているとのことです。

カルシウムとビタミンがほうれんそうの数倍、栄養価が高く、くせが少ないシャキシャキした歯ごたえの野菜です。鍋に良し、おひたしに良し、汁物の具に良し、天ぷらにも良しといろいろ楽しめます。これからどんどん寒くなってくれば需要が一気に高まってきますので、その時はご近所の方にもお裾分けできるかなと思います。

先ほど市役所の建設部産業課から農園の契約更新申請書が入った封筒が届きました。年間1万円の使用料。もちろん更新します。God Farmer 2年目に突入!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/18

冬が、来るまえに

_002昨日出張で東京へ行きました。会社の東京の事務所が京橋にあり、夜、仕事が終わって東京駅へ向かう途中、面する銀座通りを歩いてしたら結構な人だかり・・・。銀座ミキモト本店の前に巨大(高さ5mくらい)なクリスマスツリーが・・・。なんでも軽井沢から根付で運ばれた大きなモミの木に白い電球と花の装飾がつけれたとの説明。まだ11月の半ばですが、早くも年の瀬の空気が漂ってました。アベック、OLどおし、老夫婦、ビジネスマンなどいろんな人がこのツリーに見とれて写真撮影をしていました。(と、私も写真を撮ったわけですが・・・)

普段は仕事で都会の道を歩くことがそれなりにあるので、都会の街並みもあたりまえの様に見過ごしており、また学生の頃は東京に住んでいたので、銀座といえども特別な感覚はないのですが、昨晩このツリーとそれにしんみりと群がる人々を見て、久しぶりにここは東京、銀座の夜なんだなあと都会の夜の感慨に耽りました。それだけ、今、大自然の大地の暮らしに染まりきってしまった反動とも思います。

_001_1そして、今朝、いつもの様に菜園へ直行。冬が来る前に恵みの収穫。上の籠は「大根(聖護院)」「ニンジン」「ハツカダイコン」、下の籠は上から時計回りに「なばな」「水菜」「チンゲンサイ」「野沢菜」「小松菜」となりました。毎週、野菜がいろいろ採れる様になったのは私にとっては楽しいのですが、持ってかえってから料理をする嫁さんにとっては献立でちょっと悩ませているみたいです。鍋や汁物の具、漬物が今のところ中心ですが、ハツカダイコンの有効な使い方があれば教えて欲しいとボヤイてます。

空を見上げると、冬はもうすぐそこという感じがします。あと1、2週間もすると北風にしばれる寒い季節に入って行くのかなと思います。

そろそろ年賀状に使う写真を撮らなくては・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/05

秋の陽射し

200601105_00611月の3連休。穏やかな日差しの続く3日間です。日の出直後に撮った写真ですが、町内の図書館前には、朝露にぬれた何色もの鮮やかなコスモス、ここ数日の穏やかな気候を象徴しているかの様です。全国的にこのような穏やかな気候に恵まれた様で、今年はいい秋の3連休になりましたネ。大きな思い出をつくられた方もいることと思います。


200601104_025桑名市と四日市市の境に「伊坂貯水池(ダム)」という四季の自然の草花や野鳥が観察でき、ダム湖の周りに遊歩道&サイクリングロードがある市民の憩いの場があります。子供達をよく遊びに連れて行くところで、長男が赤ちゃんの頃から通わせてもらってますが、空気がとてもいいところなので、私も子供達も何度行っても飽きることのないすばらしいスポットです。

いつもは、湖のまわりを散歩し、サイクル広場ではモトクロス自転車や変わり種自転車に乗るというのが定番のコースでしたが、今回は芝生広場にあるテニスコートを90分借り、4人でテニスをやりました。(90分で利用料400円、安いでしょー)

200601104_041受験生の長男は、ここのところ体がなまっていたせいか、ラケットを振り始めると急に元気が出てきて、これにつられて娘や私もテニスコートいっぱいに走り回り、あっという間の90分でいい汗をかくことができました。

夕方5時の15分前、コートを掃除し帰宅しようした頃には空がもう暗がりに・・。ちょっと前までは、半袖のポロシャツを着て、夏物のスーツを着ていたりしたのですが、それがあっという間に深まる秋・・・。気温が涼しいのは過ごしやすくていいのですが、日が短く感じてしまうのが惜しいところです。もう1ヶ月もしない内に、肌寒い季節に入ってしまうんですよね。

冬と夏、どちらが好きかといえば、もちろん陽が長く、川の水が気持ちよく、ビールがおいしい「夏!」ですが、秋から冬にかけてその時期にしか味わえない風物詩もあるので、これからはそれをじっくり探して楽しんでいきたいと思います。ただ、これからの季節、渾身の力を注ぐ畑作業に北風がピューピュー、しばかれそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »