« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

The Moroto Garden

20050430_007kai640_1私の地元の桑名市や長島町で「諸戸清六」「諸戸家」を知らないといえば、モグリといわれかねないくらい有名な偉人、財閥です。

江戸末期に、長島村(今の長島町)の庄屋の長男として生まれ父の事業の失敗で莫大な借金(1千両といわれています。)を背負い、その後激烈な働きぶりで2年で借金を返し、そして財を築き日本一の山林王、大地主と言われる豪商なった人が初代「諸戸清六」です。

20050430_026kai640財を成した後も質素な生活を貫き、桑名一帯の水道施設を一般市民のために作り上げる公共事業も積極的に行いました。

その初代諸戸清六が残した遺産に「諸戸氏庭園」があり、今も諸戸家の私邸でありながら一年で4ヶ月(春2ヶ月&秋2ヶ月)だけ一般公開されています。桑名市の揖斐川堤防沿いにあり、近所に住んでいながら今日、初めて行ってきました。

思っていた以上に壮大な庭園で、園内全体が幽玄な雰囲気で満ちている感じがし、歴史の重みも感じました。
庭園のおおきな見所は以下の3つでしょうか。
①菖蒲池中心の回遊式庭園
②大きな御殿と、琵琶湖/天橋立をイメージした優雅な池庭
③畳3畳くらいの草庵「推敲亭」

下記のURLもぜひ一度のぞいてみてください。
http://www.moroto.jp/index.html

20050430_015kai640二代目諸戸清六が作った新居「六華苑」というのが、この諸戸氏庭園の隣にあり、鹿鳴館を設計したイギリス人ジョサイア・コンドル設計の洋館と和館があり、国の重要文化財となっています。こちらは通年オープンしているので何度か見に行ったことがありますが、ミニ「明治村」みたいでちょっと観光施設化している雰囲気があります。

歴史を紐解き、初代諸戸清六を偲びながら「諸戸氏庭園」をゆったりと散策する・・・。今日はそんなくつろぎの時間を味わえて良かったです。この地区以外の方に「諸戸・・」といっても馴染みがないかもしれませんが、もし興味を示されることがあればぜひ行ってみてください。'ホシ五つ'でオススメします。

20050430_010kai640私達の町のイメージは、大自然との関わりでは「水と河の町」、輩出した偉人でいえばナンバー1は間違いなく「諸戸清六」でしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/04/22

大河の一滴・・・荒ぶる!

Kisogawa_itteki_4普段はまるで五木寛之の「大河の一滴」の如く悠然と流れる木曽川。明治時代オランダ人ヨハネス・デレーケによる宝暦治水以降、ここまで整備されてきた木曽三川とはいえ、今でも地元住民は大河川の水の凄さ・力強さを感じながらこの水郷地帯に暮らしています。

Kisogawa_jet_2そんな雄大で普段は静かな木曽川なのですが、この時期になると真っ黒に焼けた兄ちゃん・姉ちゃんが私達の町内・団地横の河川敷に出没し始めます。そう、ジェット・スキーをやりに来るのです。

特に今週は「ジェットスポーツ全日本選手権シリーズ 開幕戦」がこの長島町の河川敷で開催されており、全国のトップ・プロも来ている様で、ちょっと’湘南モード’という感じです。(大袈裟???)

普段は散歩がてらに、しじみや貝がらを採ったり・ハゼを釣ったりしているのどかな河川敷なのですが、せっかくの全国大会ということなので、明日の日曜はちょっとレースをのぞきに行ってみることにしよう。

水上ではなくアスファルトの上のバイクだったら、私でもかつて世界選手権でチャンピオンシップを競った腕で’魅せる’走りができるのに・・・  ああ、いき過ぎた妄想・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/04/16

Spring Farm  Nae&Tane

F1010017_1F1010018_1F1010019

                                 
先週末に酸性土を中和するために石灰を蒔いた。肥料も入れた。土を耕し、畝を作り直した。さあ、今週はいよいよ春の植付け作業の開始です。

 近所のホームセンターで野菜の苗がどれでも@57円というセールをやっていたので、トマト・ピーマン・きゅうり・レタス・枝豆の苗を買ってきて植えました。それから、どうしても種まきからも育てたいと思い、太ネギとキャベツの種を筋蒔きしました。

F1010020F1010016F1010021
                                    
 今年の春の気候は大変穏やかです。畑作業も2回めに入り、今回植えたものが順調に育ってくれれば、今年の夏~秋の収穫はちょっと楽しみです。ひょっとして町内のA-COOPの「地元農家の自然食品コーナー」で売られるようなことがあったりして・・・・

 それにしても、冬菜(小松菜)は相変わらず花まで咲いてよく茂っている。先週の収穫で持って帰っておひたしで食べていますが結構いける味です。まだまだ採れるすごいボリュームになってしまいました。

まだ、畝が2本空いています。先回ジャガイモと玉ねぎで不発弾となってしまい耕しなおしたので、今度ここに何を植えようか?
我が家の「冬菜レディ」たちに聞いてみることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/04/08

大自然の恵み・・・感謝!

F1010012一ヶ月近く畑の巡回・作業をサボってしまい、おっかなビックリのぞきに行ってきました。いつぞやのおじさんの冷ややかなコメントが頭に残っていたので、何も育っていない、土丸出しの状態を覚悟していました。

車を降りて、畑の方を見ると局部的ではありますが、私の陣地もなんか少し青々してるじゃあーりませんか?桜塚やっくんよろしく「マジかよー」って気分で早速走っていくと、冬菜(小松菜)のところが、30cm以上の葉が密集して生い茂っておりました。「やったぜー・・」というよりは「ラッキー」というのか率直な気分です。

こんなド素人で、見よう見まねで作った畑でも冬菜ちゃんは大きく育ってくれ、こうして収穫させてもらいました。(写真上)味の方は、これから食べるので・・・それはどうでもいいです。

F1010011_2あとできたものとしては、ハツカダイコンもなんとなく、それっぽい大きさと形を成してくれており、これも収穫とさせてもらいました。(写真下)

植えたけど、明らかにやばそうなものとしては、ほうれん草(葉は出ているが、10cmと育っていない。)、じゃがいも(まったく芽さえ出ていない)、かいわれ大根(土に植えてほっといたら、スーパーで見るかわいい葉っぱでなく、たんぽぽの葉みたいな太く深緑の大きな葉をつけてしまいました)、etc。

こんな感じの最初の春の収穫でした。ともかくこの春、天の恵みをいただくことができたことに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/04/01

寄せろ!ワンピン

Golfer今日は、会社の上司や同僚と「ショート・コース」というところで初めてゴルフをまわらせてもらいました。私の住んでいるところの木曽川を渡った対岸にあるニッケ弥富ゴルフコースというところで、いつも買い物でその近くのイオンタウンへ行く時に前を通っていて、どんなところかなと思っていたんですが、この度やっと足を踏み入れることができました。

率直にいって、ショートコースでのゴルフは楽しい!ですね。普段練習もあまりせず、コースに出るのに二の足を踏む心持ちだと、ハーフ1600ヤード・パー30のショートコースは、肩の力を抜いて練習も兼ねてまわれ、4人で和気あいあいという感じになれました。

性格的に、スイングに入る直前にいろいろなことを考え込んでしまうたちで、いざスイングに入ると頭の中がパニック状態に陥り、そのまま’ヘボ・ショット’となってしまうのが毎度のパターンなので、今回は秘策をもって臨むことにし、スイングをする前におまじないをかけながらスイングに入る、邪念を吹き払う作戦をとりました。

結果、唯一効果があったのは、20ヤードくらいの寄せのショットのとき「寄せろ!ワンピン」とつぶやきながらスイングに入ると、8割くらいがうまく寄り、自分でもビックリでした。「いくぞ!直球200ヤード」、「いくぞ!ワン・オン」、「藍ちゃん、打ちます」、「デビッド石井、打ちます」等、第一打ではいろいろつぶやきましたが、全部不発。へなへなショットばかりでした。

ともかく、土曜日に18ホール(ハーフ2周)で6,000円とお値打ちで、練習もかねてリラックスして回れるショートコースのゴルフは手軽で楽しさが実感できます。またここのコースは、名古屋から車で20分、木曽川の堤防側を望むと、雄大な鈴鹿山系、養老山系が一望でき大自然の景色を楽しみながらプレーできます。ちょっとゴルフを・・・という方にぜひともオススメよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »