« 鈴鹿・養老山系おすすめの渓谷 | トップページ | Oh Music!  »

2005/02/06

さかな・さかな・さかな

今日は、私の住んでいる木曽三川界隈で釣れるおさかなを紹介します。

話題となる様な、この地区独特の魚種がいるわけではありませんが、何と言っても木曽川・長良川・揖斐川という大河川に挟まれた島(輪中)ですので、いろんなお魚とお目にかかれます。

その中でお気に入りのベスト5は

4441.ハゼ
 河口でよく釣れます。うちの子供も15cm以上のを平気で釣り
 上げますが、のべザオのウキ釣りで、「ビ・ビ・ビ」という感触を
 得ながら釣るのが楽しいです。 それから天ぷらやから揚げ
 で食べてもおいしく一石二鳥です。
  (写真:左)

3542.セイゴ(マダカ)
 この魚も河口で狙う魚です。昼間は15cm程度のミニサイズが
 中心になりますが、夕方近くになると大きいのがかかり始め、
 よく暴れるので釣り上げるまでにエキサイティングな緊張感が
 味わえます。


 

(写真:左 私のこれまでの最大サイズは写真の45cmです。
         この時は息子も一緒に30cmを釣り上げました。)

5673.フナ
 木曽川と長良川をつなぐ船頭平閘門というところで、なかなか
 の型(15cm~)のものが掛かります。それに、なんといっても
 野ヘラがいるので、私も25cmクラスのを数回釣り上げました
 が、これは引きが抜群です。(写真:左 ヘラブナ)

4.モロコ  
 冬場になると船頭平閘門のゲートの深みに大量に寄り付きます。5~6cmの小さい魚で、1号
 針に練り餌で釣るのですが、サイズのわりにウキがビシッと引き込まれ、シャープな感触が
 得られ、調子がいいと2時間程で50匹以上の数釣りが楽しめる魚です。


4565.コイ
 マニアは、長良川のポイントでメートルサイズを狙っていま
 すが、私は船頭平閘門等の淀みで20cmクラスを狙って
 います。野ヘラ、マブナ、コイと同じところで、同じ仕掛けで
 釣れますが、引きは皆違い趣があります。(写真:左)


それから、この地区ならではの風情のある漁もご紹介します。

888「建干網漁(たてぼしあみりょう)」と言い、満潮時に岸辺に網を
仕掛けておき、干潮になったときにその仕掛けた網の中に取り
残された魚を捕まえる漁です。生きた魚を手づかみで捕まえて
いくのはお楽しみものです。
毎年、初夏に木曽川もしくは揖斐川の河口から10kmあたりの
                ところで網を張って行われています。
234

※こんな特大サイズのマダカ(セイゴ)も網の内側いるんですよ。
  変わりダネでは、うなぎやジャンボ鯉、ボラ、それに黄色い
  エイなんかもいました。

|
|

« 鈴鹿・養老山系おすすめの渓谷 | トップページ | Oh Music!  »

「散歩道・紀行」カテゴリの記事

コメント

TB ありがとうございます。
私自身は川魚は苦手で鰻くらいしか食べないのですが、
モロコ料理はは我が町の名物でもあります。
市内に川魚専門の魚屋さんがあります。

投稿: MIZ | 2005/02/13 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81882/2826407

この記事へのトラックバック一覧です: さかな・さかな・さかな:

« 鈴鹿・養老山系おすすめの渓谷 | トップページ | Oh Music!  »