トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005/02/27

なばな・なばな・なばな・・の里で

2005_02270002今日は親父夫婦と私達夫婦の合同結婚記念日を子供達も連れて「なばなの里 長島ビール園」で行いました。
 ここ数年、このなばなの里で記念日をやってます。このなばなの里の園内には、とんかつ、フランス料理、中華料理等いろいろな飲食店があり、値段がそこそこの割りに料理はおいしいです。
2005_02270006
 今回の長島ビール園(写真)は、地ビールの店で、大きなホールでスペアリブやステーキなどを食べながら’クー’とビールをジョッキで飲む店です。今宵、外は結構寒かったのですが、広々としたホールでいただく地ビールとスペアリブの組み合わせはなかなか刺激的でいい感じでした。
 なばなの里へ、まだ来られたことの無い方・・外食のコースとしてちょっとお薦めします。庭園は花がいっぱい咲いており、池には大きな鯉がゆったりと泳いでおり、くつろげるひと時が過ごせると思います。(因みに温泉にも入れます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/21

すごい金魚

今日、車で買い物に行った帰りに、金魚屋さんに行きました。

私の唯一のペットは、水槽に飼っている淡水魚たちで、金魚2匹とタナゴ2匹、モロコ1匹、どじょう1匹という状態でしたが、ちょっと寂しい感があったので、金魚を足そうと考えたのです。

日本では最大の特産地として知られる愛知県弥富町の専門店まで出陣(といっても隣町ですが)したのですが、お店に入ってびっくり!

金魚ってせいぜい体調が5,6cmまでと思っていたのですが、10cm~30cmクラスがウヨウヨいるのです。
普通の魚でこの程度の大きさならなんのことはないのですが、よりによって金魚ですよ。
20cmクラスの出目金は、たまげます。目の玉がはちきれんばかりに大きく、水の流れにのってユーラユーラですよ。
そして、これら巨大金魚のお値段は、5,000円~「価格相談」・・となってました。

写真が撮れなかったので、このページでビジュアルを紹介できませんが、今日は予想できなかった金魚のすごさに圧倒されたのでした。

ちなみに、私は6匹で1,200円という金魚を買って帰ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2005/02/12

Oh Music! 

123今宵は音楽の話をつぶやいてみます。

写真は、昨年9月に仕事でメンフィス(米・テネシー州)に行った時の晩のものです。
プレスリーのふるさとであり、ブルースの街として有名ですが、あのB・B KINGの店の前で、ちょっと強面のお兄さんが一緒に写真を撮ろうということで撮った写真です。(真実の顔はお見せできませんが、お兄さんは抜群の愛嬌をふりまいて肩に手までのせてくれているのに、僕の顔はっきりいって引きつってます。)

僕自身ロックを中心に洋楽が比較的得意なのですが、ブルースはあまり経験がなかったのでその時は新鮮でした。
ライブハウスの中に入って、コーラを飲みながらブルースを聴いたのですが、うーん、あの太く響く音色、魂が揺さぶられましたね。

ブルースだからどうのこうのというのではなく、ハードな揺さぶりで体全体で聴くロック、耳を澄まして穏やかに聴くクラシック、あれこれ青春時代を思いだしながら聴くフォーク・・・いくつになっても音楽は青春そのものですネ。

高校生の頃は、若気のいたりでバンドを組んでエレキを弾いていたりしたのですが、(Zep、Purple、A・Smith.etc)・・・  今は、聴いて浸るばかりです。流行のI-PODではなく、MDプレーヤーで・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2005/02/06

さかな・さかな・さかな

今日は、私の住んでいる木曽三川界隈で釣れるおさかなを紹介します。

話題となる様な、この地区独特の魚種がいるわけではありませんが、何と言っても木曽川・長良川・揖斐川という大河川に挟まれた島(輪中)ですので、いろんなお魚とお目にかかれます。

その中でお気に入りのベスト5は

4441.ハゼ
 河口でよく釣れます。うちの子供も15cm以上のを平気で釣り
 上げますが、のべザオのウキ釣りで、「ビ・ビ・ビ」という感触を
 得ながら釣るのが楽しいです。 それから天ぷらやから揚げ
 で食べてもおいしく一石二鳥です。
  (写真:左)

3542.セイゴ(マダカ)
 この魚も河口で狙う魚です。昼間は15cm程度のミニサイズが
 中心になりますが、夕方近くになると大きいのがかかり始め、
 よく暴れるので釣り上げるまでにエキサイティングな緊張感が
 味わえます。


 

(写真:左 私のこれまでの最大サイズは写真の45cmです。
         この時は息子も一緒に30cmを釣り上げました。)

5673.フナ
 木曽川と長良川をつなぐ船頭平閘門というところで、なかなか
 の型(15cm~)のものが掛かります。それに、なんといっても
 野ヘラがいるので、私も25cmクラスのを数回釣り上げました
 が、これは引きが抜群です。(写真:左 ヘラブナ)

4.モロコ  
 冬場になると船頭平閘門のゲートの深みに大量に寄り付きます。5~6cmの小さい魚で、1号
 針に練り餌で釣るのですが、サイズのわりにウキがビシッと引き込まれ、シャープな感触が
 得られ、調子がいいと2時間程で50匹以上の数釣りが楽しめる魚です。


4565.コイ
 マニアは、長良川のポイントでメートルサイズを狙っていま
 すが、私は船頭平閘門等の淀みで20cmクラスを狙って
 います。野ヘラ、マブナ、コイと同じところで、同じ仕掛けで
 釣れますが、引きは皆違い趣があります。(写真:左)


それから、この地区ならではの風情のある漁もご紹介します。

888「建干網漁(たてぼしあみりょう)」と言い、満潮時に岸辺に網を
仕掛けておき、干潮になったときにその仕掛けた網の中に取り
残された魚を捕まえる漁です。生きた魚を手づかみで捕まえて
いくのはお楽しみものです。
毎年、初夏に木曽川もしくは揖斐川の河口から10kmあたりの
                ところで網を張って行われています。
234

※こんな特大サイズのマダカ(セイゴ)も網の内側いるんですよ。
  変わりダネでは、うなぎやジャンボ鯉、ボラ、それに黄色い
  エイなんかもいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

鈴鹿・養老山系おすすめの渓谷

昨日、子供達をつれて北勢町の「青川峡キャンピングパーク」というところに行ってきました、私が休日によく行く三重県菰野町~多度町の鈴鹿・養老山系は、清流が多くキャンプ場との組み合わせも良く、爽やかな空気と澄んだ水の流れで心身がリフレッシュできるお気に入りの空間です。
魚釣りを趣味としていながら、まだ渓流釣りまでカバーしていないので、このスポットを活かしきれていない面もありますが、当面は、山歩き&川遊びでも十分楽しいものです。(オイカワやハヤぐらいはチョチョイと釣り上げてますが・・)

おすすめのスポットを紹介しますので、都会の喧騒から離れてぜひ一度足を運んでみてはいかがですか?

・あさけ渓谷(菰野町)   ※東名阪道四日市インターから車で20分
  三重県で一番大きい渓流。川原が広く景色も雄大。車道の先端(標高約400m)の
  「朝明ヒュッテ」まで行くとバンガローやバーベキュー施設もあり。沿道に野猿を
  見かけたりもします。(右上写真)2

・青川峡(北勢町) 
     ※東名阪道桑名インターから車で30分
  最近「青川峡キャンピングパーク」ができて、少し
  注目されているスポットです。渓谷や渓流は
  あさけ程の大きさではないですが、水がすごく
  綺麗で、山間もぐっと迫る感覚があり深みを
  感じさせる空間です。

・多度峡(多度町) ※東名阪道桑名東インターから車で15分
  私の住んでいる長島町や名古屋からも、ともかく一番近く手軽な峡谷です。
  上げ馬神事で有名な多度神社の隣で、ややこじんまりした感のある峡谷
  ですが、大自然の息吹は十分味わえます。また、天然プールなるものが有り、
  峡谷を流れる多度川の一部(約50m)を夏場は堰きとめ、プールにしている
  という変わったところもあります。(右下写真)3

上記3箇所とも、名古屋からでも日帰りで十分遊べる距離にあります。
山歩き、川遊び、魚釣り、植物採集、バーベキュー etc  いろいろ楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2005/02/05

よろしくおねがいします!

1なにはともかく、見よう見まねでマイblogを開いてしまいました。
ちょっと寄り道気分でのぞいて行ってくれましたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

さて、今日は、私の住んでいる大水郷地帯の歴史的大人物をご紹介します。

オランダ人のヨハネス・デレーケです。(なかなかご存知ないでしょう??)

治水の神様と呼ばれている人で、明治時代に中州・小島だらけでバラバラだった大河川(今の木曽川、長良川、揖斐川)を、見事に3つの川に振分ける大工事を行っていただき、この地区を頻発する水害から救っていただいた方です。

工事期間や何人の人を使ったかなど詳細はわかりませんが、この大河川を毎日眺めていると、想像を絶する大工事だったことと思います。

敬意を表して船頭平閘門にたてられている彼の銅像を載せさせていただきます。

本当にすごい人です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

トップページ | 2005年3月 »